考え方

歯並びが悪いと貧乏に見られる3つの理由【歯列矯正】【20代後半男性】

 

こんにちは。ハナラビです。

 

今回は

歯並びが悪いと貧乏に見られてしまう

ということについて書いていきます。

 

歯並びは人と会う時に

必ずといっていいほど見られる部分です。

 

そんな歯並びが汚いと、

いくら身だしなみを整えていようとも、

みすぼらしく、貧乏に見えてしまうのです。

 

その理由をまとめていきます。

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯並びに悩んでいる人

□ 歯並びを諦めている人

□ 身だしなみに気を遣う人

 

歯並びが悪いと貧乏に見られる理由

自信が持てない

 

歯並びが良くないと

貧乏に見られる理由は3つあります。

 

✅ 生活環境をイメージされてしまうから

✅ 見た目が美しくないから

✅ 自己管理できてないと思われるから

 

1つ1つ解説していきます。

 

理由①:生活環境をイメージされてしまうから

 

歯並びが悪いと、貧乏に見られる理由。

 

その大きな理由の1つは

生活環境、家庭環境をイメージされてしまう

からでしょう。

 

 

どうしても、裕福な家庭な人たちは

子供の頃から歯並びを気にかけています。

 

しかも、歯にしっかりお金をかけて

矯正治療を行なっています。

 

 

だからこそ、歯並びが悪いと

 

・お金がない家庭だったのかな

・生活が苦しかったのかな

・親に色々問題あったのかな

 

と思われてしまうわけです。

 

貧乏ではなくても、勝手に。

 

このような生活背景を

イメージされてしまうので、

人からは指摘されません。

 

家庭環境のことを聞くのは

なぜかみんな慎重になりますからね。

 

歯にお金をかけられない家庭なんだ、

苦しい生活を送っているんだ、

と勝手にイメージされてしまうんですよ。

 

 

歯並びはいじられない
【経験談】歯並びはいじられない【歯列矯正】【20代後半】私の経験談から、歯並びはいじられない・指摘されないということについて書きました。自主的に問題点を探す、このことを伝えたかったです。 歯並びが悪いことに気付き、行動する。歯並びをキレイにし、自信のある人生を取り戻しましょう。...

 

 

理由②:見た目が美しくないから

 

やはり歯並びが悪いと、

見た目が美しくありません。

 

外見からも、貧乏に見られてしまいます。

 

みすぼらしい服装をしている人を見たら、

誰しもが貧乏だなと

思うのではないでしょうか?

 

 

「もっと身だしなみに気をつかえよ」

「ちゃんとした服装着てよ」と。

 

 

そう思うのではないでしょうか?

 

歯並びもその考えと同じ!

 

 

「もっと歯並びに気をつかってよ」

「ちゃんとした歯並びにしてよ」と。

 

 

歯並びはもはや服装と同じです。

歯並びが悪いと、みすぼらしく見られてしまうのます。

 

理由③:自己管理できてないと思われるから

 

歯並びが悪いと、

自己管理ができていないと

思われてしまいます。

 

歯が健康じゃないと、

「歯医者に行こうとしなかったのかな」

とか

「歯を健康に保とうとしなかったのかな」

とか

「健康に気を遣っていないな」

 

と思われてしまうからです。

 

自己管理ができている人は、

歯の手入れを欠かしません。

 

歯並びが悪ければ、

それを治す努力を行い、

虫歯ができる前から予防に余念がないです。

 

歯並びが悪いのを放っておくと、

自己管理ができていない大人と

思われてしまうのです。

 

 

歯並びが悪いと格差を生む時代

v

 

実際、今の社会は

歯並びが悪いと格差を生む時代に

なってきています。

 

 

 

ある女性は歯並びに悩んでいました。

 

前歯が2本大きく生えており、

出っ歯のような状態だったそう。

 

そんな彼女が留学をすることに。

 

すると、留学先の

アメリカの人から言われたのは

「歯列矯正を何よりも優先すべき」。

 

その海外の人から言われたことで、

彼女は歯列矯正を決意。

 

すると、自分の持っていた

歯並びのコンプレックスが

無くなったことに加え、

顔立ちにも変化が起こったそう。

 

腫れぼったい目元がぱっちりとして、

顔全体がほっそりしたそうです。

 

この歯列矯正のおかげで、

彼女は自分の顔に自信が湧いたそう。

 

この決断で、自信を取り戻したおかげで、

彼女は大手外資系企業の秘書として

バリバリのキャリアウーマンに。

 

彼女はこう言います。

 

「あのタイミングで歯列矯正を決断しなかったら、その後の人生で、外資系の秘書に採用される道は無かったかもしれない」と。

 

歯並びを治す。

 

この決断があったことで、

彼女はビジネスで

成功を収めているんですよ。

 

 

このビジネスの成功により、

収入及び地位、権力にも大きな格差

生まれているのです。

 

歯並びを治す決断をしたからこそ

生まれた今の現実。

 

歯並びを見て見ぬふりをするだけで

人生に格差を生み出すことになるのです。

 

もし、歯並びを治していなかったら、

キャリアアップはおろか、

外資系に就職できなかったかも。

 

「歯並び=貧富の格差を生み出す」

 

ということが理解できたでしょうか?

 

 

歯並び グローバル社会
歯並びがキレイじゃないとグローバル社会で生きていけない歯並びを治さないとグローバル社会で生きていけない理由をまとめました。海外と日本では歯に対する価値観が違うんですよね。そこを治さないと、グローバル社会で多くのチャンスを逃すことになりますよ。...

 

 

大人になってからも歯並びは変えられる

マウスピース矯正の人

 

歯並びが悪いと、

貧乏に見られるということを

書きました。

 

この記事から私が言いたいのは、

歯並びをキレイにすれば、

貧乏を脱却できるということ。

 

大人になろうとも、歯並びを治し、

貧乏から逃れることは可能なのです。

 

歯並びの状態によって、

外見から貧乏扱いされるはおろか、

実際に貧富の差につながるということを

話してきました。

 

 

✅ 生活環境をイメージされてしまう

✅ 見た目が美しくない

✅ 自己管理できてない

 

 

このイメージを払拭するには、

歯並びを整えるしかありません。

 

いくらゴージャスな服やアイテムで

着飾っても、中身を見抜かれてしまいます。

 

歯並び=その人の中身に直結しています。

 

 

さらに、歯並びにより、

自信を持ち、キャリアウーマンとして

海外を股にかけて活躍している人の

エピソードもお話ししました。

 

歯並び改善で、将来にも影響します。

 

 

子供はもちろんですが、

大人からも歯列矯正はできるんです。

 

歯並びが変われば、

外見はもちろんのこと、

内面にも影響が出ます。

 

ビジネスチャンスを掴みとれる人は

外見、内面ともに自信を持つ人。

 

それを叶えるのは、

歯並びをキレイにすることです。

避けては通れない道ですよ。

 

 

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら