歯列矯正の日常

歯列矯正でバイトアップした日のリアル【20代後半男性】

歯列矯正 バイトアップ

 

どうも、ハナラビです。

 

今回は

歯列矯正でバイトアップした日のリアル

について書いていきます。

 

歯列矯正でバイトアップという言葉を

初めて耳にしました。

 

どんなものかはやってみて

知ることができましたね。

 

事前に知っておくと、

その後の生活も楽になると思います。

 

この記事を読むことで、

歯列矯正の知識を増やすことができますよ。

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯列矯正を始めたい人

□ 歯列矯正に興味がある人

□ 歯列矯正のリアルを知りたい人

□ 歯並びに悩んでいる人

 

バイトアップについて

歯医者の風景

 

まず、バイトアップというのは

深い噛み合わせを治すために

歯に青いプラスチックを盛り、

噛み合わせを上げる治療のこと。

 

噛み合わせが深くて、

上下の歯がすれ違っている場合や、

しゃくれのような下歯が上歯より

前に出ている時に使われますね。

 

噛み合わせの例出典:きむら矯正歯科

 

図のような画像ですね。

 

ちなみに私はしゃくれのような

下歯が前に出ている状態です笑

 

バイトアップの写真を公開

バイトアップしている写真

 

写真のように、

奥歯に青い詰め物が歯に付いているのが

お分かりでしょうか?

 

これがバイトアップしている状態。

 

この詰め物で歯の高さを上げて、

噛み合わせの改善を行っているんです。

 

奥歯に付けられるものなので、

人からは見られる心配はありません。

 

違和感を感じるのは、

自分だけということですね。

 

バイトアップが付けられる時の感覚

 

バイトアップが付けられる時の感覚。

 

それは痛みも何もありません。

だから麻酔を打つこともないです。

 

なんかチューブから

押し出されているような感じと

歯に何か乗せられているような感じ。

 

気付いたら終わっている感じでしたね。

 

噛む動作をしてみて、

やっと歯に付いているのを

しっかり実感できるというか。

 

15分くらいで治療は終わりましたね。

 

バイトアップ中のリアルを公開

美味しく食べる女性

 

さて、ここからは

バイトアップ中のリアルを公開

していけたらと思います。

 

これからやる予定のある人、

バイトアップが必要な人、

歯並びに悩む人、

の参考になればと思います。

 

実際、バイトアップを経験した感想は

 

□ 食べにくい

□ 歯が浮いているような感覚

□ 舌で触るととても違和感

 

1つずつ解説していきますよ。

 

バイトアップのリアル①:食べにくい

 

まず、バイトアップ直後だと、

食べ物が異常に食べにくいです。

 

噛み合わせが浅くなっているので、

食べ物が噛み切りにくいんですよね。

 

いつも通りみたいに食べようとしても、

上手く歯が合わないため、

いつも通り食べられないです。

 

また、バイトアップの青い部分は

表面がザラザラなことが多いです。

 

そのため、食べ物が

引っかかってしまうことも

食べにくい要因の1つですね。

 

私のバイトアップなんですけど、

バイトアップしている写真

 

写真のように、

両側2ヶ所にバイトアップ

されていると思います。

 

このバイトアップの隙間に

特に食べ物が挟まるんですよね。

 

バイトアップされていることで、

歯の高さも上がっており、

舌で食べ物を除去することがほぼ不可能。

 

ここはとてもイライラする部分ですね。

 

バイトアップのリアル②:歯が浮いているような状態

 

先ほどにも言いましたが、

バイトアップするというのは

噛み合わせを浅くする治療です。

 

そのため、

いつも通りの

噛み合わせになりません。

 

そうなると、

歯と歯が触れ合わず、

歯が浮いているような状態

になってしまうのです。

 

いつも歯と歯が噛み合うところが

噛み合わないのはめちゃくちゃ違和感。

 

何か歯が浮いているというか、

歯がある実感がないというか。

 

歯と歯の間に

絶妙な隙間があるんですよね。

 

何か気持ち悪いですよ笑

 

バイトアップのリアル③:舌で触るととても違和感

 

バイトアップの部分を舌で触ることで、

より「わあ何か付いてる」と実感できます。

 

普段の歯とは違う材質で、

舌で触ると絶妙なザラザラ感が

とても違和感に感じるでしょう。

 

結構食べ物が挟まりやすいので、

舌で取り除こうとしたときに

触れる機会がとても多いです。

 

毎回、毎回触るので、

結構慣れてきますよ。

 

バイトアップの対処法

歯並びがキレイになった理想の食事

 

ここからはバイトアップの対処法を

まとめていけたらと思います。

 

私がバイトアップを

どう乗り越えたのか?

その部分を伝えられたらと思います。

 

対処法①:違和感を我慢しない

 

まず、違和感を我慢しません。

 

バイトアップの初期の頃は、

めちゃくちゃ違和感がありますし、

ワイヤー矯正も同時進行のため、

歯を噛むごとに痛みを感じます。

 

そして、歯が上手く噛み合わないので、

食べにくくもありますね。

 

そんな時は我慢せず、

無理に噛むような食べ物を食べません。

 

違和感を感じながら無理に食事をすると、

余計にストレスに感じますからね。

 

だから、噛まなくても良い物を

選んで食べるようにしていました。

 

ブラケット矯正中の食事 おすすめ
経験者に聞いた!ブラケット矯正におすすめの食事を紹介しますブラケット矯正中におすすめの食事を経験者から聞いてみました!食べたいものもありますが、我慢我慢。歯を労ることも大事ですよね。...

 

対処法②:食べやすいものを少しずつ食べる

 

違和感を我慢しないといっても、

噛むことをやめてしまうと、

頬の筋肉や顎の筋肉など、

顔全体の筋肉が衰えてしまいます。

 

そのため、

少しずつ噛む努力をしました。

 

一口サイズのものを、

少しずつ食べていく。

 

そうすれば、徐々に慣れがきます。

 

そこから、段々と食べたいものを

食べるようにしていけば、

ストレスなくバイトアップと

向き合うことができますよ。

 

 

歯列矯正は噛み合わせをも治す

 

今回の記事で伝えたいのは、

歯列矯正は噛み合わせをも治す

ということです。

 

歯列矯正はただ単に、歯並びが

キレイになるだけではないんですよね。

 

噛み合わせをしっかり治すことで、

バランスよく整った歯を維持し、

顔の歪みも改善できます。

 

ずっと歯並びを

キレイに保っていくためにも、

噛み合わせを治すことは重要なんです。

 

食事は毎日行うことですからね。

 

歪んだ噛み合わせでいてしまうと、

顔の筋肉量のバランスが崩れ、

歯も歪んでしまうかもしれません。

 

健康でキレイな歯を維持し続けるためにも、

バイトアップは必要な治療です。

 

治療を受ける際は、

是非この記事を参考にしてみてください。

 

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら