歯列矯正の食事

歯列矯正中の食事のコツを紹介【20代後半男性】

矯正 食事 コツ-2

 

どうも、ハナラビです。

 

今回は

歯列矯正中の食事中のコツ

について書いていきます。

 

歯列矯正は歯に負担をかけるので、

やはり食事が辛い時があります。

 

毎日の楽しみが食事だった私でしたが、

歯列矯正をしてから

結構辛い日もありました。

 

思うように食べられなかったり、

食べる物を考えるようになったりと。

 

そんな日々を生きていた中で、

食事もコツを掴めば

かなり楽になったんですよね。

 

食べる楽しみが返ってきたというか!

 

そこで歯列矯正中の食事のコツ

まとめていきたいと思いますよ。

 

現在やっている人、

これから矯正を始める人、

歯列矯正に興味がある人含め、

参考に読んでもらえたら嬉しいです。

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯列矯正をしている人

□ これから歯列矯正を始める人

□ 歯列矯正に興味がある人

 

ブラケット矯正中の食事 おすすめ
経験者に聞いた!ブラケット矯正におすすめの食事を紹介しますブラケット矯正中におすすめの食事を経験者から聞いてみました!食べたいものもありますが、我慢我慢。歯を労ることも大事ですよね。...

 

歯列矯正中の食事のコツ3ヶ条

美味しく食べる女性

 

歯列矯正中の食事のコツ3ヶ条はこちら。

 

①一口サイズはマストで

②前歯はなるべく使わない

③奥歯に直接運ぶように

 

このコツを使っていけば、

矯正前の食事までにはならずとも、

かなり楽に食事を楽しめますよ!

 

食事は毎日行うことだから、

楽しく、美味しく食べたいですよね。

 

辛さを感じながらの食事は、

生きていく楽しみ半減ですよ。

 

食事のコツ①:一口サイズで食べるのはマストで

 

一口サイズにすることのメリットは

 

・歯に食べ物が詰まるのをある程度防ぐ

・噛む負担を減らせる

 

一度に多くの食べ物を口に運ぶと、

たくさんの食べカスが

歯に詰まってしまいます。

 

一口サイズで食べることで、

食べカスが詰まるのを少なくできますよ。

 

食事中のイライラも

かなり減らすことができますね。

 

口に食べカスが残っていると、

めちゃめちゃ違和感が凄いし、

イラッとしますよ。

 

また、噛むことはとても大事なんですが、

矯正中は噛むのが辛いことが多々あります。

 

そんな時、一口サイズだと、

そこまでたくさん噛む必要が無いんですよ。

 

たくさんの食べ物を口に運ぶと、

その分噛むのが大変ですよね。

 

その負担を防ぐためにも、

一口サイズで食べるのはマストですよ!

 

※食事スピードが遅くなるかもしれません。。

 

食事のコツ②:前歯で食べ物を噛み切らない

 

前歯を使ってしまうと、

歯列矯正の装置が壊れてしまう可能性が

出てきてしまうんです。

 

これはブラケット矯正に

限った話ではあるんですけどね。

 

 

つい最近の話なんですが、

エビマヨを食べていたんです。

 

エビが予想以上に大きくて、

前歯を使って噛み切ろうとしたら、

思い切りワイヤーが

変な方向に曲がってしまって。

 

 

初めての経験だったので、

めちゃめちゃドキッとしましたよ。

 

幸い、ワイヤーが口に刺さるとか、

口の中に傷がつくとか、

そんなダメージは無かったんですけど。

 

この経験もあり、

前歯で食べ物を噛み切るのは

やめておいた方がいいです。

 

ワイヤーが壊れたことで、

歯医者に行かなくちゃいけないし、

余計な時間も心配もかけることになるので。

 

食事のコツ③:奥歯に直接運ぶように

 

前歯で食べ物を噛み切らない代わりに、

一口サイズの食べ物を

奥歯に直接運べば

全然問題なしです!

 

そうすることで、

噛むことへのストレスが減り、

ワイヤーが壊れる心配もないので。

 

前歯で噛み切る食べ方より、

奥歯をメインに擦り切る食べ方推奨です!

 

食事の仕方は変わろうとも、

食べ物自体の味は変わらないので。

 

いかに食事を楽しめるか。

 

歯列矯正中はこのメンタルが

大きな鍵ですよ。

 

歯列矯正中の禁忌の食べ物

断食中 ヨガ

 

歯列矯正中に

禁忌となる食べ物が存在します。

 

別の記事にも書いたんですけど、

2種類あるんですよね。

 

禁忌は大袈裟かもしれませんが。

 

・ガムやキャラメル、餅などの粘着系

・麺類

 

の2種類です。

 

特に気をつけて欲しいのは、

粘着性のある食べ物。

 

装置にくっつき、

装置を壊してしまう可能性があります。

 

加えて、装置にくっつくことで、

非常に食べにくい。

 

食べると美味しいと思うより、

イライラが勝つと思いますよ。

 

麺類は歯に詰まりやすいだけ。

絶対に食べるな!というわけではないです。

イライラしながら、

私はよく食べていますね。

 

ブラケット矯正中の食事 おすすめ
経験者に聞いた!ブラケット矯正におすすめの食事を紹介しますブラケット矯正中におすすめの食事を経験者から聞いてみました!食べたいものもありますが、我慢我慢。歯を労ることも大事ですよね。...

 

食事が辛いのは今だけである

行動しないよりする方がいい

 

この記事で私が言いたいのは、

このコツが必要なのは今だけである

ということです。

 

正直、2〜3年の辛抱だけ。

 

この食事が辛い日々は

絶対に終わりが来るんですよ。

永遠に食事が辛いことなんてない。

 

むしろ、食事が辛かったのは

今までの20年だったかもしれません。

 

食事中に笑うことをためらったり、

歯を見せるのが恥ずかしかったり、

イカ墨パスタを食べられなかったり。

 

肉体面より精神面が

辛かったと思うんですよね。

 

だから、今食事が辛いのは、

肉体面だと思います。

 

精神面で辛い日々は

2〜3年でおさらばですよ!

 

コツをマスターする前に

歯並びがキレイになっているかもしれませんね!!

 

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら