歯列矯正

歯列矯正を決めてからブラケット装着されるまでのリアル【時間がかかる】

歯列矯正 時間がかかる

こんにちは。ハナラビです。

 

今回は

歯列矯正でのブラケット装着までのリアルな時間

についてまとめていきます。

 

私は

「歯列矯正ってすぐに始められるもの」

とばかり思っていました。

 

しかし、いざ歯列矯正を開始すると

その考えが全然違うことを思い知らされましたね。

 

きっと、

歯列矯正を始めたい人の中に

私と同じ考えを持っている人はいるはずです。

 

そんな人たちに向けて、

今回の記事を書いていきます。

参考になれば嬉しいです!

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯列矯正に興味のある人

□ 歯並びに悩んでいる人

□ 歯並びを治したい人

 

歯列矯正ってこんなに時間がかかりますよ

時間を表すイラスト

 

先にも述べたように、私は

「歯列矯正はすぐに始められる」

とばかり思っていました。

 

しかし、その考えは間違いでした。

 

ここでは、

ブラケット装着までにかかったリアルな時間

をまとめていきます。

 

大まかに分けて、

歯列矯正は4つの段階に分けられます。

 

第1段階:ヒアリング、検査

第2段階:歯の治療

第3段階:抜歯

第4段階:ブラケット装着

 

4つの段階って聞いただけで、

すぐに始められないのはわかりましたよね。笑

 

歯列矯正は

始めてからはもちろん、

始めるまでの時間もかかるんですよ。

 

1つ1つの段階にかかった時間を

詳しく見ていきたいと思います!

 

第1段階:ヒアリング、検査

 

まず、歯列矯正にあたり

・ヒアリング

・歯の検査

が行われます。

 

これは、まず歯にどんな悩みがあるのかを聞きます。

 

・歯のどこの部分に悩んでいるのか?

・どんな歯並びにしていきたいか?

・どんな治療方法を希望しているのか?

 

それらを聞いた上で、

歯のレントゲン撮影や検査に入っていきます。

 

検査内容は

・レントゲン撮影による骨格の確認

・唾液量の検査

・食生活についてのアンケート

といった内容です。

 

これらを基に、

現在の歯と口の中の状態を

チェックしていくことになります。

 

レントゲン撮影は当日に終わることができるのですが、

検査は結果が出るまで時間がかかるんですよね。

 

その時間ですが、およそ1ヶ月!!

 

この検査をしないと、

今後の歯列矯正の計画や治療内容を

決めていくことはできません。

 

そのため、この検査にかかる1ヶ月は絶対なのです。

 

もうすでに1ヶ月経ってしまいました。。。

 

第2段階:歯の治療(人による)

 

レントゲン撮影と検査内容を確認した後、

2パターンに別れ道があります。

 

・抜歯に進むのか

・歯の治療に進むのか

 

歯列矯正を行う人は

大概どちらかの道に進むはずです。

 

歯並びがキレイにならないのは

歯が歯列に上手く収まらないことが

原因なのが多いですからね。

 

私は歯の治療に進むことになりました。

なぜなら、虫歯があったからです。

 

ここで歯列矯正でのブラケット装着まで

かなり遠くなったといえますね。

 

さあ虫歯治療にかかった時間ですが、

私の場合、およそ3ヶ月でしたよ!!!笑

 

私は1年間ほど歯医者に行っていませんでした。

そのため、気付かないうちに虫歯が進行していたのです。

なんとその数4本も!

 

歯に痛みは感じなくとも、

虫歯というのは進行していくものです。

 

結果、歯をセラミック歯にしたり、

虫歯で欠けた部分を補修したり、

歯のクリーニングを行ったり。

 

正直、無駄といっていい時間がかかり、

歯列矯正が3ヶ月も延期になってしまいました。

 

これで合計4ヶ月費やしたことになりますね。。。

 

第3段階:抜歯

 

歯の治療が終わり、

次に待ち構えているのは抜歯です。

 

歯列矯正を行うにあたり、

必ずといっていいほど通る道でしょう。

 

歯を抜くことで、

他の歯が動けるスペースを作り、

歯並びをキレイにしていくわけです。

 

私が抜歯にかかった時間は

およそ1ヶ月半くらいでしたね!

 

抜歯は上下合わせて3本抜きました。

1本抜歯するごとに2週間空けないといけないらしく。

 

これが抜歯って結構な量の血が出るんですよね。

だから、3本同時に抜いたら相当ひどいんでしょう。

 

抜歯されていくにつれて、

日に日に食事が難しくなるのと同時に、

歯列矯正への道が近づいてくる感覚でした!

 

これで合計5ヶ月半費やしていますよ。。。

 

第4段階:ブラケット装着

 

抜歯が終わると、

ようやくブラケット装着!

 

歯列矯正の第1歩というわけです!

 

抜歯からブラケット装着するまでの時間は

およそ半月くらいだったかと!

 

歯のクリーニングをされて、

歯みがきの指導をされて。

 

ブラケット装着までかかった時間は

合計で約半年でした!!!

 

あくまで私がかかった時間です。

 

もっと時間が短く済む人もいるし、

もっと時間がかかる人もいるでしょう。

 

歯列矯正を始めるまでの参考として

読んでもらえたらと思います。

 

時間がかかったのは歯のケアを怠ったから

歯列矯正の治療中

 

歯列矯正にこれだけ時間がかかったのは、

正直、歯のケアを怠っていたからに過ぎません。

 

歯並びが悪い人は、

キレイな歯並びな人に比べて、

磨き残しのリスクが高くなるし、

歯磨きも難しいです。

 

こんな汚い歯並びで歯医者に行くのは

憂鬱ですし、恥ずかしいですよね。

 

私も同じ気持ちでした。

歯医者に行くのが恥ずかしかったし、

何かに理由をつけて後回し。

歯磨きもごく普通に行っていました。

 

そんな歯のケアを怠った結果がこれ。

 

歯列矯正を3ヶ月も

延期することになってしまったのです。

 

虫歯になり、

余計な時間がかかり、

いらない出費もかかってきました。

 

歯のケアを怠った反動がこれほど大きいものとは

考えてもいませんでしたね。

 

歯に悩む時間はいらない

自信がないときはポジティブに

 

この記事で私が言いたいのは、

歯列矯正は想像よりも時間がかかる

ということです。

 

私は歯列矯正を決意してから、

結果半年(6ヶ月)の時間を費やしました。

 

私まで時間がかかるとは言い切れません。

 

しかし、あなたが想像しているより

歯列矯正には時間がかかります。

加えて、いらない出費もかかります。

 

歯について悩んでいる暇があるなら、

早く行動すべきです。

 

その間に、虫歯が進行するかもしれないし、

歯医者が予約で埋まるかもしれない。

 

恥ずかしがって歯医者に行けないのは、

時間の無駄でしかありません。

 

時間は待ってくれないんです。

 

人生は短いです。

行動した人だけが綺麗な歯を手に入れることができます。

だったら、歯に悩んでいる時間はありません。

 

無駄な時間、無駄なお金を費やすのを防ぐために、

行動することを意識していきましょう。

 

では次回。ありがとうございました。

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら