歯列矯正の食事

経験者に聞いた!ブラケット矯正におすすめの食事を紹介します

ブラケット矯正中の食事 おすすめ

 

こんにちは。ハナラビです。

 

上下の歯にブラケットが装着されて、

1番苦労しているのが食事です。

 

今までは、腹が減ったら、

真っ先にお菓子を食べたり、

好きな料理を作ったりと、

制限なく食べ物を食べている

生活をしていました。

 

ところが、今では

ブラケットのことを考えてしまい、

食べ物を食べることを

ためらうようになってしまいました。

 

ブラケットに食べ物が

挟まることが憂鬱だし、

歯みがきやうがいを

いちいちしないといけないのが

面倒だからです。

 

食べ物が口に挟まっているのは

とてもストレスですからね。

 

そのため、食べるよりも飲むことで

お腹を満たすことが多くなりました。

 

それでもやはり食べ物は食べたいし、

飲み物だけでお腹を

満たしたくはありませんよね。

 

そこで今回は、

ブラケット矯正経験者に聞いたおすすめの食事

について書いていきます。

 

ブラケット矯正をしている人に参考になればと思います。

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯列矯正に興味のある人

□ 歯並びに悩んでいる人

□ ブラケット矯正を始めた人

 

経験者に聞いたブラケット矯正中におすすめの食事

私は毎日、歯の記録として

インスタグラムを運営しています。

 

その中で、ブラケット矯正の先輩方

おすすめの食事を聞いてみました。

 

その回答をもとにブラケット矯正中に

食べたい食事をまとめていきますね。

 

①:雑炊やおじや、お粥

雑炊、おじや、お粥のイメージ

 

まず、1つ目におすすめしたいのが

雑炊やおじや、お粥です。

 

こちらは多くの先輩方もおすすめしており、

私自身もよく食べる食事ですね。

 

ご飯が程よく柔らかくなり、

そこまで噛む力が

要らないので食べやすいです。

 

また、スルスルっと

喉に入っていけるので

無理なく食べられますよ。

 

温かく、ボリュームもあり、

塩分も摂取できるので、

歯が痛むときの主食にぴったりですね。

 

先輩方の中には、

ブラケット装着当初、

歯が痛すぎて雑炊を丸飲みしていた人も!!

 

さすがに私は丸飲みできませんでしたね。

 

②:豆腐

ブラケット矯正 豆腐

 

こちらも主食になり得る

エース級の食材、豆腐です。

歯を使うことなく、

舌で崩すことができるのでおすすめですよ。

また、湯豆腐に冷奴と気温の変化に分けて、

調理方法を変えられる万能さも

豆腐の魅力ですね!

私はよく湯豆腐にして食べています!

 

③:ヨーグルト

ブラケット矯正 ヨーグルト

 

軽い昼飯や小腹のおやつとして

重宝するのが、ヨーグルトです。

 

栄養価も高いので、

たくさん食べても罪悪感が全くありません。

私もよく食べますね。

 

甘さ控えめで

いくらでも食べられちゃいますよ。

 

④:ゼリー

柔らかいイメージ プリン ゼリー

 

ゼリーも喉ごしが良くて、

歯を使わなくていいので、

ブラケット矯正をしている人に

おすすめの食事ですよ。

 

ただ、主食とはなりにくいので、

おやつやごはんのデザートとして

食べるといいかもしれませんね。

 

個人的には

ヨーグルトの方がよく食べていました!

 

ゼリーはちょっと甘いので、

多くは食べられなかったですね。

 

個人的におすすめな食事:カレー

歯列矯正 カレー

 

ここからは個人的に食べて

おすすめしたい食事を紹介!

 

1つ目はカレーですね。

 

ルーとご飯を混ぜ合わせると、

雑炊のような感じになり、

とても食べやすいんですよね!

 

歯を使って噛む必要がないです。

 

雑炊やお粥とカレーの

大きな違いは旨さとコクです。

 

カレーの深いコクとスパイシーさ、

旨みは雑炊やお粥にない美味しさがあります!

 

歯に優しい食べ物は

何かとあっさりとした

味付けなイメージですが、

カレーはその食べ物とは一線を画す、

私にとって無くてはならない食べ物です!

 

カレーの味の濃さと

スパイスの効いた味付けは、

ブラケット矯正の食事に

いい刺激を与えてくれるんですよ。

 

しかし、カレーは食べすぎると

ブラケットが着色してしまう可能性があります。

 

そのため、見た目を気にする人は

たくさん食べないことをおすすめしますね。

 

個人的におすすめな食事:だし巻き卵

歯列矯正 卵

 

もう1つ、私がブラケット矯正中に

おすすめしたい食事はだし巻き卵

 

卵のフワフワな食感は、

歯にも負担を与えずに食べられます。

 

今まで紹介してきた食事は、

「トロトロ系」や「チュルチュル系」

が多かったかと。

 

確かに歯に負担を与えないのは

紹介してきた食べ物でしょう。

 

しかし、そればかり食べていると

飽きるのは目に見えていますよね。

 

だし巻き卵は「フワフワ系」で、

食感も今までと違います。

 

ブラケット矯正中の食事に気分を変えるなら、

だし巻き卵はおすすめですよ。

 

私が経験したブラケット矯正中におすすめしない食事

自信が持てない

 

ここからはブラケット矯正中に

おすすめしない食事について書いていきます。

 

全然食べてもいいのですが、

頻繁に食べたりするのは

避けたほうがいいかもしれません。

 

①:麺類

カップラーメンのイメージ

 

1つ目の食事が麺類です。

 

私は麺類がとても大好きで、

上下ブラケット矯正を装着した

当日にラーメンを食べるほど。

 

しかし、麺類はブラケットに

挟まりやすいのが弱点なんですよね。

 

特に挟まりやすいのが、

 

・ブラケット同士の間

・ブラケット上部にある歯肉部分

・抜歯したワイヤーの隙間

 

なんです。挟まることが多いのが麺類なんです。

 

ブラケット装着中に食べ物がつまりやすい箇所

写真で見ると、こんな感じ。

千切れた麺が至る所に挟まって、

しっかり味わえません。

 

イライラが募るだけでした。

 

ブラケット装置に慣れてからだと

食べてもいいかもしれません。

 

頻繁に麺類をすするのは

やめたほうがいいでしょう。

 

②:タン塩やホルモンといったたくさん噛む食べ物

歯列矯正 焼肉

 

よく噛んで食べないといけない食べ物は、

ブラケット装置に慣れるまで

なるべく避けた方が良いでしょう。

 

噛むたびに痛みに襲われてしまいますよ。

 

前歯を使って、

肉を噛みちぎると

ブラケットが壊れる可能性があります。

 

なるべく、一口サイズにカットしてから、

奥歯で食べるようにすると良いでしょう。

 

また、焼肉に行く際は

カルビやハラミといった

柔らかい部位を食べると、

歯の負担も少なくて

良いかもしれませんね。

 

ブラケット矯正中には避けたい食べ物

歯列矯正 ガム 食べるな

 

ここからはブラケット矯正中には

絶対に避けたい食べ物を紹介。

 

それはハイチュウやガム、

キャラメルといった粘着性のある食べ物です!

 

餅などもその部類に入りますかね。

 

こういう粘着性のある食べ物は

ブラケットにくっつき、

取れなくなってしまうんですよ。

 

そのため、しっかりと噛むことができません。

 

よく噛んで食べないと、

喉につまらせてしまう可能性もあるので、

ブラケット矯正中は

粘着性のある食べ物は避けるようにしましょう!

 

まとめ|ブラケット矯正におすすめの食事

 

今回はブラケット矯正に

おすすめの食事について書きました。

 

ブラケット装置があることで、

何かと不便ではありますが、

それはキレイな歯並びに向かって

進んでいるということですよ!

 

さて、今回の記事をまとめると、

 

□ ゼリーやお粥といった柔らかい食べ物がおすすめ!

 

□ カレーも良いけど食べ過ぎに注意!

 

□ 麺類はブラケットに挟まるのでほどほどに。

 

□ 肉は一口サイズで食べよう。

 

□ ガムなどの粘っこい食べ物はNG!

 

ということですね。

 

では次回の記事でお会いしましょう!

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら