歯列矯正の日常

【歯列矯正】【20代後半】ブラケット装着1日目のリアルをお届け

ブラケット装着初日のリアル

 

こんにちは。ハナラビです。

 

今回は

ブラケット装着初日のリアル

をお届けします。

 

まあまだ下の歯だけなんですけどね。

 

今後は上の歯にも付いてくるので、

そのときは改めて、

下の歯との違いを伝えて行けたらと思います。

 

□ ご飯について

□ 普段の痛みについて

□ 歯磨きについて

 

詳しくかつリアルな現状を伝えていきます!

 

こんな人に読んでほしい

□ 歯列矯正に興味のある人

□ 歯並びに悩んでいる人

 

歯列矯正:ブラケット装着初日のリアルな日常

ブラケット装着初日のリアルな日常

 

下の歯だけですが、ブラケット装着初日のリアルな1日をお届けします。

1日の流れに合わせて紹介して行けたらと思います。

 

ブラケットを装着したことが無い人がほとんどですよね。

歯列矯正には大半の人がブラケット装着の道を通るでしょう。

 

リアルな感想を知ることで、歯並びをキレイにしたい人への参考になったら嬉しいです。

 

それでは見ていきましょう。

 

起床したとき

起床した女性のイメージ

 

起きたときは痛みなどはなく、いつも通りの感じで起きることができましたよ。

口を大きく開けると、あご下の筋肉がちょっと痛むかなくらい。

筋肉痛でしょう。

 

常に肌にブラケットが当たっている違和感は感じるんですけど。

これはまた慣れてくるでしょう。

 

朝ごはんを食べたとき

朝ごはんのイメージ

 

ブラケット装着初めての食事。

正直、上の歯と下の歯を噛み合わせるだけで痛い。

 

我慢できる痛みなのがまだ良いんですけど、

鈍い痛みが噛むたびに私を襲いますね。

 

飲み物はいつも通りに飲むことができますよ!

 

朝ごはんは

・ご飯・豆腐の味噌汁・卵焼き・サラダ

といった内容。

 

朝ごはんの感想をまとめました。

 

□ ご飯や卵焼きといった食べ物は噛むのに苦労する。

□ 豆腐といった柔らかい食べ物は舌で潰せるので食べやすい。

□ 全ての食べ物が一口サイズになるので、食事スピードが遅くなる。

□ ブラケットに食べ物が挟まるので、ちょっとイライラする。

 

食事の楽しみが半減した感じでした。

いつも通りにスムーズにいかない食事はストレスにも感じましたね。

 

歯みがきのとき

歯みがきのイメージ

 

歯みがきもいつもは20年生きてきた感覚で行っていました。

ですが、ブラケットを付けてからはそうはいきません。

あらゆるところに食べ物が挟まり、イライラします。

 

今は、歯医者さんにも言われましたが、鏡を見ながら歯みがきをしています。

ブラケット装置を気にしながら、歯ブラシの角度を変えたり。

 

いつもは5〜10分で終わっていた歯みがきも15分くらい時間をかけるようになりましたね。虫歯になるのはもう嫌ですから。

 

歯みがきの変化をまとめました。

 

□ 感覚で歯みがきはできない。

□ 鏡を見て丁寧に歯を磨くことが大事。

□ いつもより時間がかかる。

 

仕事中、普段の日常のとき

歯並びがキレイになった理想の仕事

 

普段過ごしているときは歯に違和感があるくらいで、痛みなどは感じません。

 

普段は仕事や作業しているときは何かお菓子をつまんだりしていました。

チョコやナッツ、グミなど小腹を満たせるものですかね。

 

しかし、これからは食べ物は控え、飲み物だけにすることにしました。

 

なぜなら、噛む行動をするだけで歯が痛むから!

固い食べ物を食べたら、ブラケットが取れるリスクもありますからね。

 

飲み物であれば、痛みもないので安心です。

 

仕事中、日常の感想をまとめました。

 

□ 普段はそこまで気にならない。

□ 固い食べ物は控える。

□ 飲み物で小腹を満たす。

 

 

昼ご飯のとき

食べ物を食べる女性

 

昼ご飯はキムチ鍋。

・ネギ・椎茸・鳥ササミの食材で。

全て一口サイズに切り、食べやすいサイズに。

 

・椎茸は問題なく食べられる。

・ネギは噛み切った後に残る繊維がブラケットに引っかかる。

・ササミも歯の隙間やブラケットに残りやすい。

 

繊維質な食べ物や肉は食べにくい印象を受けました。

ご飯は雑炊にすると、めちゃめちゃ食べやすかったですね。

 

スルスルと喉に入っていく感じが歯に負担が少なく、良かったです。

 

昼ご飯の感想をまとめました。

 

□ 繊維質の食べ物と肉は食べにくい。

□ ご飯は雑炊にするとスルスルと食べられて歯の負担が少ない。 

 

外出するとき

マスクをする男性

 

外出するときも今ではマスクをするのが当たり前の世の中。

口を隠すということが自然です。

 

矯正のブラケットも人に見られることがないので、ためらいは無かったですね。

 

会話もそこまでしにくいということはありません。

ときどき、発しにくい言葉は出てきますが。

 

外出は今まで通り全然大丈夫でしたよ。

 

外出するときの感想はこちら。

 

□ マスクで口元が隠せるので外出は余裕。

□ ときどき発しにくい言葉がある。

 

夜ご飯のとき

居酒屋のイメージ

 

夜ご飯。たいていガッツリした料理が出てくるので、ちょっと緊張。

今回はアボカドのサラダとパスタ。

 

アボカドはとても柔らかいので、舌で細かくすることが可能。

歯を使わなくとも、非常に食べやすかったですね。

 

一方、パスタはなかなかの問題児。

麺類は食べる難易度が高いかもしれません。

ブラケットに麺が挟まるし、すすって食べることも困難。

一口サイズにするのがとても難しいです。食べるのに苦労しました。

 

夜ご飯の感想をまとめました。

 

□ アボカドは食べやすい。

□ パスタなどの麺類は難易度高め。

 

まとめ|ブラケット装着初日のリアル

 

今回は下の歯だけですが、ブラケット装着初日のリアルを書きました。

 

まとめると。

 

□ ごはんを食べることが憂鬱になる。

□ 噛むことが嫌になる。

□ かといって噛む力がなくなるので、咀嚼は意識していかないといけない。

□ 豆腐やアボカドといった柔らかい食べ物は嬉しい。

□ 外出は気にならない

□ 日常過ごすのは苦ではない。

 

下の歯のブラケット装着だけでこんな苦労がありました。

上の歯も装着した場合はどうなるのか?

 

ちょっと怖い部分もありますが、楽しみでもあります。

なぜなら、キレイな歯並びの未来が近づいているから!

 

ごはんという楽しみが減ったのがちょっと残念ですけどね。

参考にしてくれたら嬉しいです!

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら