恋愛

就活中に一目惚れしたが、後悔しか残らなかった【行動しない後悔よりする後悔】

就活中に一目惚れ

 

こんにちは。ハナラビです。

 

今回は歯のことは関係ないのですが、

就活で一目惚れした女性の話

について書いていきます。

 

一目惚れって本当にあるんだなと。

 

今まで25年間生きてきましたが、

一目惚れというものをしたことがありませんでした。

 

学校でも、会社でも、友達の間でも

一目惚れの経験はなかったんですよね。

 

でも、まさか今後の人生の進路を決める

就活の場で出会ってしまうとは。

 

運命とは時に残酷なのだなと実感しましたね。

 

一目惚れは就活真っ只中の5月

面接中のイメージ

 

あれは私が就活真っ只中の5月でした。

 

就活〇〇フェアやマイナビ、リクナビといった

大手が開催している合同就活イベントに

足しげく通っていた頃です。今ではその頃すら懐かしい。

 

私は地元にあるIT関連の会社を

受けることにしたんですよね。

 

その会社は地元でも中心部のところにあり、

私は公共機関を使って向かっていました。

電車とバスを乗り継ぎながら。

 

1次面接で一目惚れ

 

そのIT関連会社で企業説明ののち、

1次面接でグループディスカッション

をすることになりまして。

 

その時のグループは4人でしたかね。

 

男性は私1人で、あと3人はみんな女性。

テーマは何だったかは全く覚えていません。

 

面接されていることへの緊張もありましたが、

女性3人の中に私1人という状況にも緊張していました。

 

その緊張の中、女性3人の中にいた1人に

私は一目惚れしてしまったんですよね。

 

グループディスカッションの時は

特にそんな気持ちはなくて家に着いて

ひと段落していた時にふと思ったんですよね。

 

「あの子にまた会いたいな」と。

 

そんな風に思わせてくれる女性は

人生で初めてでしたし、

「これが一目惚れなのか」

と一人で考えていました。

 

2次面接に通過する

面接通過のイメージ

 

2次面接に通過した私はその時2つの喜びを覚えました。

 

・2次面接に通過したことへの喜び 30%

・またあの女性に会える可能性があることの喜び 70%

 

もはや、2次面接通過への喜びよりも

あの女性に会える可能性がある!

という喜びが強かったです!

 

それほどまでに恋愛の力は

恐ろしいということを改めて実感しましたね。

 

会えたら是非とも連絡先の交換、

もしくはカフェやどこかに行ってゆっくりお話ししたい。

 

心の中ではそう考えていました。

 

2次面接は個人面接

 

その時は喜びがありましたが、

「そんな小さい可能性が叶うほど人生は甘くない」

そう思っていました。

 

・一目惚れした女性が2次面接に来るのか

・来たとして、2次面接は私の同じ日なのか

・また2次面接の時間は私と同じ時間なのか

 

いろんな奇跡をくぐり抜けないとまた会うことはできない。

個人面接なので、一緒に面接する可能性もない。

 

私は「やっぱり会えないよね。」と思いながら

面接する会社の中に入っていきました。

 

偶然にも社内で出会ってしまう

社内のイメージ

 

しかし!その奇跡は起きてしまったんです。

 

「2次面接に伺いました、〇〇と申します」

と受付に告げると、待合室に案内されました。

 

その道中です。

正面から見覚えのあるシルエットが。

 

彼女でした。一目惚れした彼女が私の前に現れたのです。

面接した直後らしい表情でこっちに向かっている。

 

すると向こうも私の存在に

気付いたらしくお互い軽く会釈。

 

私はめちゃくちゃ話したかった。

 

会釈だけで済ますだけではなく、

ちゃんと話をして連絡先を交換したかった。

 

しかし、これから面接を受ける会社で

そんな行動できるはずもなく。

 

私は待合室に通されました。

 

最大の後悔がそこにはあった

 

どうしてもモヤモヤが止まらない私は

待合室の扉を開けることに。

 

すると、彼女がエレベーターの前で

待っているではないですか!

 

私が面接したこの会社は

ビルの10階ほどに位置しているので

エレベーターで向かうしかありませんでした。

 

エレベーターが来るのを待っている彼女。

 

「声をかけようか」

「連絡先だけでも書いて渡そうか」

 

私の頭の中は面接よりも彼女のことでいっぱいでした。

 

しかし、ここは仮にも面接を受けにきた会社。

そう!就活の場である。

私情を持ち出してはいけない。

恋愛なんか考えてはいけない。

 

そんなクソみたいな感情が

私の中に流れ込んできました。

 

いくつも受ける会社はあるのに。

そんなにいきたい会社でもないのに。

 

しかし、私の恋愛感情は

そのクソみたいな感情に押し殺される。

 

私は声をかけずに待合室にすることに。

その時の心も、窓から見える景色も

分厚い雲で覆われていました。

 

面接は上の空

呆然としたイメージ

 

一目惚れの彼女に声をかけられなかった私は

その時の面接も上手く答えられず。

 

もはや上の空でした。

 

「急いで向かえば下の階に彼女がいるのでは」

 

淡い期待は2度起こる!

強い思いで、私は急いで下の階に向かいました。

 

しかしそこには彼女の姿は無かった。

 

面接にも恋愛にも失敗した私。

その時の帰り道の足取りは今までの人生の中でも重かったです。

 

やらない後悔よりやる後悔

行動しないよりする方がいい

 

今回は

就活で女性に一目惚れした話

を書きました。

このことから学んだことは「やらない後悔よりやる後悔」ということ。

 

・あの時声をかけていれば

・もしかしたら彼女も声をかけられるのを待っていたかも

・彼女も話をしたかったのでは

 

とかもしれないという可能性の後悔が無限に出てきてしまうんですよね。

実際どうなったかどうかはその時行動してみないとわかりません。

 

・本当に彼女になっていたかもしれませんし、今では友達になっているかもしれない。

・もしかしたら同じ会社で働いていたかもしれない。

 

と無限に可能性という後悔が湧いてきてしまいます。

 

この先の人生、モヤモヤしながら生きる人生より行動してスッキリした人生が良いに決まっています!

 

行動することによって、自分にとってプラスになることもありますし今まで見えてなかったものが見えてくることだってあります。

経験値も増え、人生が豊かになります。

行動することは間違いなく自分の成長する糧になります。

 

成功の反対は失敗することではありません。

挑戦しないことです。

 

現状に満足し、挑戦しない人生だと

いつまで経っても今と変わらないままです。

 

成長なんかありません。

 

現状に満足していないなら、行動するしかない!

 

悩んでいるくらいなら、

行動するしかないんです。

悩む時間がもったいない。

 

私もこの就活の件はすごく後悔しました。

半年は引きずったのを覚えています。

 

彼女の大学に行こうとしたり、

SNSを調べてどうにか連絡を取れないか考えたりもしました。

 

今考えると、もはやストーカーですよね。

それだけ思いが強かったんですよ。

 

そんな後悔したくないですよね?

少なくとも私はこの件がきっかけで決めました。

「行動しない後悔よりする後悔」ということを。

 

今悩んでいるあなた、

迷っているなら行動するしかない!

行動して成長しろ!

 

メルマガ配信してます

 

歯の価値観を変えるメルマガ

 

20代後半にして、歯並びに

とても苦しんでいる男。

 

歯並びで苦しんではいけない。

歯並びで人生を棒に振ってはいけない。

 

そんな私の苦悩が丸わかり!

歯に関する情報も盛りだくさん!

 

歯の価値観を変えましょう。

 

 詳しくはこちら